サビキ釣りの時期はいつ?冬サビキやろうぜ!!

   

fishing_boy1

サビキ釣りはいつやりますか?

やっぱり夏だぜ!!

となりますよねぇ

狙いはアジ!!

ついでにイワシ!!サバ!!

少しでもサビキ釣りをしたことがある人なら

なんか暖かい、いや暑い季節に釣りをした

記憶があるのではないだろうか?

子供の頃に行ったことがある人は

バケツやクーラーボックスをパンパンにした

思い出があるのでは??

では冬にサビキ釣りしたことありますか?

冬にイワシ・アジ・サバがサビキ釣りで

釣れると思いますか??そこで

冬サビキやってみた!!

果たして結果は…釣れます

もったいぶりません

だって釣れたんだもん

その釣れてしまった魚をどうするかなど

その辺も含めて紹介していく

スポンサードリンク

冬のサビキ釣りは釣れるぜぇ!!

img_7142

いい天気だ!!

現在12月、朝の冷え込みが厳しい

早朝太刀魚を釣っていたのだが

日が昇って帰宅後Uターンで

再度海に帰ってきた

そう、サビキ釣りをするために

img_7143

さぁ釣る気満々でいざ勝負だ!!

img_7147

おっと隣が釣れ出した!!

img_7148もうこうなれば

入れ食い状態!!

img_7022釣れたらすぐ下ごしらえ

img_7140

ここで予想外の事態が発生

…釣れすぎる

今回は単独釣り紀行

ではなくアシスタントにお嫁さんだ

ゲーム「グラディウス」

オプション感覚での同行

gra68f1

説明しよう!!オプションとは上の写真の飛行機の上についているだいだいの丸い奴である。移動すると等間隔でついてきてくれて飛行機と同じ攻撃をしてくれるとても有能なおまけである。

だが、妻に魚をさばく機能はついていない

つまり交代作業が出来ない

当然嫁が釣り俺が下処理を担当することになる

そこで

効いてくるのは入れ食い状態であるということだ

現在釣れ始めてから1時間

魚をさばき続けている

つまらーん!!

それに比べて入れ食い状態の嫁は楽しそうである

俺は魚釣りに来たんだ

魚を調理しに来たわけではない

だがこの下処理、家に帰った後一人で捌くのは

とても大変な作業…ぐぬぬ…

嫁にも魚の簡単な下処理覚えてもらおうかな

サビキで釣れ過ぎた!!どうしよう!?

入れ食い状態とはどういった状況だろうか?

エサを海に放り投げる

アミを突っ込む

img_7151

すくいあげる

img_7152

大漁!!

img_7153

大漁!!大漁!!大漁!!

img_7154

img_7155

とりあえず、持って帰ると・・・

こんな感じ

img_7160合計108匹

途中で切り上げれば良いのに

まさに煩悩丸出し

以前サビキをしたときは

刺身・唐揚げなどをしましたが

100匹も食えねぇ

せっかくの釣りたて鮮度を落としては意味ないしなぁ

ということで

30匹はかば焼き

残りはオイルサーディンにすることにした

・・・?オイルサーディン?

釣り場周辺での聞き込みで大量の場合オイルサーディンにすると日持ちするから良いとのこと。ってかオイルサーディンってなに??早速google先生で検索!!オリーブオイルで煮たやつ、そして缶詰などで販売されており酒に合うとのこと。酒は飲めんが、酒の肴=ご飯のお供でOK?という訳でよくわからんがオイルサーディンに決定!!

イワシのオイルサーディン作るぞ!!

では釣れ過ぎたイワシのオイルサーディンに取り掛かってみたいと思う

材料を紹介しよう!!

  • 新鮮なイワシ(下処理済)
  • オリーブオイル(あぶら)
  • ローリエ(葉っぱ)
  • 鷹の爪(唐辛子)

イワシ10匹に対して

葉っぱ3枚、唐辛子3本、オリーブオイル全部浸かる程度です。鍋のサイズによって変わるので400mlあれば十分です。半分くらいサラダ油を入れてもOK!!

イワシは大量にあるので

近くのスーパーにあぶらと葉っぱと唐辛子を

そそくさと買いに行く

img_7163

img_7165

唐辛子と葉っぱはお安いです

オリーブオイルはチョイス次第で値段が上下します

 

下処理として

頭と内臓を取り除きます

その後、10%ぐらいの塩水につけておきます

おそらく2時間程度でOK!!

img_7168

img_7166

ちゃんと沈めてあげてください

10%だと水180g・塩20g、水360g・塩40gといった感じでOK!!

漬けて2時間後綺麗な布で水気を取って

お鍋(フライパン)等に綺麗に並べます

img_7170

それ以外を全投入

img_7173

あとはぷつぷつ気泡が出る程度で加熱し続ける

油断するとぶくぶくと沸騰し

イワシ揚げ

になるので弱火で続け、沸騰しかけたら火を消すくらいで1~2時間!!本来はフライパンに並べて10~15匹を重ならないように敷くのですがイワシ大漁の為、重ねて重ねて山盛り!!オリーブオイルは全部浸かるぐらいにしてます

山盛りの為、2時間

弱火で煮続けました

img_7178

本来は加熱消毒した瓶に熱々のまま空気に触れさせないように密封して保存するようなのですが1週間程度保存出来ればよかったのでそのまま冷めるのを待ち、プラスチック容器に入れ保存

出来立ての熱々も美味しいですよ

 

翌日からはおかずとして登場

img_7183

img_7182

どや!!ご飯がすすむ

しっかり煮ると骨まで食べれます

煮ている途中、骨まで食べれるか試食しながら作ると良いですよ

イワシのオイルサーディンでした!!

 

 - フィッシング