勇者ヨシヒコですが何か?

   

img_60451

ドラゴンクエスト30周年の節目に

とんでもドラマの続編が発動

「勇者ヨシヒコと魔王の城」

で口火を切った勇者ヨシヒコシリーズ

テレビ東京系列のドラマ24枠において

2011年7月8日より放送される

2012年には

「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」

そして今年2016年10月より新作となる

「勇者ヨシヒコと導かれし七人」

が放送開始となる

 

では復習を兼ねて

どのようなドラマであったかを振り返ってみたい

スポンサードリンク

「ドラクエっぽい」ドラマである

yuusya_game1

作中に張りぼてのスライムや敵キャラが数多く登場する

ゲーム中の効果音までほぼそのままで使用している

通常のドラマであれば企画の段階で

「あうと~!!」

となるはずである

そうはいかないのは

ドラクエシリーズの製作元である

スクエアエニックスが協力とクレジットされている

本家からお許しが出ているのである

それはドラゴンクエストの公式サイトからも

ホームページにリンクされていることからも見て取ることが出来るだろう

山田孝之のお戯れドラマ?

game_ken1

ふざけた役を一生懸命演じる山田孝之のお戯れドラマではないだろうか

当初はその疑念を拭い去ることが出来なかった

だがどうだろう?

この豪華なキャスト・・・豪華?

出演者を並べてみよう

ヨシヒコ:山田孝之

ムラサキ:木南晴夏

メレブ:ムロツヨシ

ヒサ:岡本あずさ

仏:佐藤二郎

ダンジョー:宅間伸

確かに佐藤二郎、宅間伸は味のある俳優であり経験も豊富であるが今をトキメク人という訳ではない

また当時の木南晴夏・ムロツヨシ・岡本あずさは誰でも分かる有名人という訳でもなかった

つまり深夜番組で山田孝之におバカな役を一所懸命演じて頂いて深夜感を出してるのかなぁと感じてしまうのは致し方ないのではないだろうか

ところがメインキャスト全員が全力で

バカをやっている

ほめ言葉として

全員悪い意味で悪乗りしているように思える

是非公式のホームページをのぞいていただきたい

今考えるとゲストが豪華

gogatsu_ningyou1

今考えるとゲストが豪華である

志賀 廣太郎(1話)

池田 成志(2話)

安田顕:TEAM NACS(3話)

小池栄子(4話)

沢村一樹(5話)

古田新太(6話)

音尾琢磨:TEAM NACS(6話)

綾野剛(9話)

加藤晴彦(9話)

岡田義徳(9話)

斉木しげる(10話)

小栗旬(10話)

賀来 賢人(11話)

きたろう(12話)

そうそうたる顔ぶれである

もはや友情出演者だけでもドラマ2,3本撮れるぞ!!

低予算を逆手にとるっ!!

money_fly_yen1

ローコストドラマならではである

オープニングにおいても

「予算の少ない冒険活劇」

と明記されている

張りぼてスライムからも見て取れる

友情出演大量放出!!!!!

友情出演ではギャラが破格の安さであったり

ノーギャラである

つまり制作費の中の人件費を抑える手段である

それは芸人を多数使用していることも同じ目的であろう

最後にwikipediaを読むだけで笑えるということだ

登場人物の紹介などふざけているとしか思えない内容である

最新作「勇者ヨシヒコと導かれし七人」を見る前に

wikipediaと公式HPで笑いながら予習してみてはいかがだろうか

 

 

 

 - 特別チョイス, 芸能関係